宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

これが自然とできるようになればあなたは2度とお金に苦しめられることはありません。

 

今日は皆さん大好きなお金の話をします。

お金が嫌いな人は読む時間がもったいないのでヤフーニュースでも見ておいてください。

 

私はその昔、お金を貯めるのが大好きでした。

要するにドケチ生活をしながらコツコツとお金を貯めることに命を懸けていました。

その頃の癖が今でもまだ残っており「お前ケチやなー」と周りから言われることがあります。

 

今の考え方に変わり、生き方が変わり、人付き合いが変わっていったころ、湯水のように金を使う人と出会いました。

以前の私の考え方からすれば恐ろしいようなお金の使い方をする人です。

計画性ゼロ。

彼の思考回路の中に貯蓄などという言葉は斬鉄剣で粉々に切り刻まれた後、至近距離から拡散メガ粒子砲をぶち込まれ原子レベルで消滅したかのようにどこにも見当たりません。

ドンブリ勘定のような甘いものではなく、繁華街の中オープンカーで金をバラ撒いて走るような使い方です。

付き合い初めのころ、「こいつは大丈夫なのか??」と思っていましたが付き合いが長くなるにつれ私が持っているお金に対する観念の方が間違っているのではないかと思い始めました。

 

皆さんも小学生のころに駄菓子を買った記憶があると思います。

そんな小学生のころから今の今まで1円単位で家計簿なるものをつけている人はまずいないのではないかと思います。

にもかかわらず、今あなたはなぜだか分からないけどやりくりができています。

貯金なんか全然ないという人もなぜだか分からないけど今月もどうにかこうにか帳尻があっています。

あー、ちょっと贅沢しちゃったなーという日があったとしてもなぜだか分からないけどなんとかなっています。

借金があり毎月何万、何十万、何百万も返済をしている人もなぜだか分からないけど今生きています。

無計画に好きなだけ金を使ってヒーヒー言っててもなぜだか分からないけど、どういうわけか説明ができないけど、あなたは今間違いなく存在しています。

 

何が言いたいのかというとあなたが極貧ドケチ生活をしようが貴族のような贅沢三昧をしようがなぜだか分からないけどどうにかなるんです。

 

あなたが小学生のころから1円単位で家計簿をつけていないにもかかわらず今日この日までなぜだか分からないけどどうにかなっているということがこの理論を裏付けるのに必要十分な証拠となるでしょう。

 

ただ、ここで一つ疑問が出てくるかもしれません。

「そんなこと言ったって金がねーんだから欲しいものが買えねーんだよ!わけのわかんねーこと言ってんじゃねーよ!」

という疑問です。

 

この暴言に対する重要なポイントはもちろん「お金がなくて買えない」という部分です。

では、なぜ今あなたはお金がなくてそれが買えないのでしょうか?

 

理由は単純。

あなたに必要ないからです(笑)

 

笑っちゃうぐらい当たり前の答えです。

「〇〇が欲しいんだけどお金がないから買えないんだよねー」

という話題に対する最良の回答は、

「そりゃあなたに必要ないからでしょ(笑)」

という返答です。

 

実を言うとここまでは前置きです。

なげーよ!と言わずにもう少しお付き合いください。。。

 

「お金はあるんだけどもったいないから我慢する」

これが過去に私が握りしめていたお金に対する観念です。

先の恐ろしい金の使い方をする彼にはそんな意識は微塵もありません。

「今それを買えるだけのお金があるなら使えということだ」

これが彼が持っている信念です。

今あるお金を使おうが使わまいが結局どうにかなるんだったら使っちゃえばいいんです。

あとはなぜだか分からないけど辻褄が合うようになっているんです。

 

例えば1万円のものと1万5千円のものがあって1万5千円の方が欲しいんだけどもったいないから我慢して1万円の方を買うなんて馬鹿げたことをする意味なんてないんです。

これは100円だろうが100万円だろうが同じことです。

その時お金がなくて買えないんなら前述の通り今のあなたには必要ないだけです。

そりゃ無理してまで高いものを買うことや無駄使いをする必要はありませんよ。

 

お金というのはどう使うか?が重要です。

カッコいいことを言わせてもらえば人に感謝しながら人のためにお金を使う。

これが自然とできるようになればあなたは2度とお金に苦しめられることはありません。

自分のためにお金を使うのも別に悪いわけではありませんがそういう人は年がら年中「金がない金がない」と心の中で叫んでいます。

自分のために使ったお金は戻ってくるスピードが遅いだけでなく最高でも使った分だけしか返ってこないんです。

これが人のために使うとあら不思議、猛烈なスピードで何倍にも何十倍にも何千倍にもなってお金ちゃんがあなたのもとへと返ってきます。

そしてそれをまた人のために使う。

そうするとまた返ってくる。

循環経済の出来上がりです。

この原理を非常に難しく、分かりにくく、高尚な言語で説明しているのが経済学なのです。

 

何度も書いているので今さら説明するまでもないかもしれませんが、人のために使うと言っても「こいつにこれだけ奢ったんだから10倍ぐらいになって返ってくるだろう」などという期待を胸にお金を使うぐらいならそのお金でチキン南蛮弁当でも買って自分で食った方がまだましです。

と に か く 期待は捨ててください。

人に期待しないでください。

期待の裏側には恐れがあります。

そうなってほしいの反対はそうならなかったらイヤだです。

そうなろうがなるまいがどうでもいいんです。

あなたはその人にお金を使いたいから使う。

ただそれだけです。

使いたくないなら使わなければいいだけです。

使いたくもないのに「倍になって返ってくるかも」なんてくだらないことを考えているから結局1円も返ってこないんです。

 

今日はちょっと長くなりましたね(汗)

長文失礼しました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。